画像展覧会画像画像画像画像
画像
画像
画像
画像
画像

北海道の大地から~神田日勝展

平成28年11月19日(土)~平成29年1月15日(日)

開館時間:午前9時~午後5時(入館は4時半まで)
休館日:月曜日(祝日は開館)/平成28年12月29日(木)~平成29年1月3日(火)

神田日勝チラシ裏表

↑クリックで神田日勝展のチラシ(2MB)をダウンロードできます。印刷等してご利用ください。

神田日勝は、昭和12年(1937)に東京で生まれ、昭和45年(1970)に32歳の若さでこの世を去った洋画家です。
8歳の時に疎開先の北海道にそのまま定住し、成長後、農業の傍ら独学で油絵を学びました。
夭折したため作品数が少ないにも関わらず、北海道を代表する画家の一人として数えられ、画家が生涯を過ごした鹿追町の神田日勝記念美術館、札幌の北海道立近代美術館などで、作品が大切に保管され公開されています。神田日勝は、農家であったことから北海道の農業などを題材に、農耕馬や牛などを描きました。ベニヤ板にペインティングナイフなどを使って荒々しいタッチで描く時期を経て、細部を克明に描写するなど、時期による画風の変遷を特徴としています。
本展は、北海道の大地から生命の根源を読み取ろうとした神田日勝の画業を神田日勝記念美術館、北海道立近代美術館のコレクションで構成しようと企画したものです。

入館料:一般 800円/ 高大生 550円/ 中学生以下無料
※団体20名様以上は100円引き
※70歳以上、各種手帳をお持ちの方は、証明できるものを提示により無料

主催:尾道市立美術館
共催:中国新聞備後本社
後援:広島県、NHK広島放送局、尾道エフエム放送、尾道ケーブルテレビ、エフエムふくやま
協力:神田日勝記念美術館、北海道立近代美術館


関連行事

■特別講演会
講師:小林 潤 氏(神田日勝記念美術館館長)
演題:神田日勝と北の大地・鹿追
日時:平成28年11月19日(土)10時~
場所:尾道市立美術館二階ロビー
対象:一般 参加無料・申し込み不要(展覧会観覧料が必要)

■ギャラリー・トーク ※当館学芸員が担当
日時:平成28年12月11日(日)、平成29年1月8日(日) 午後2時~(40分程度)
対象:一般 参加無料・申し込み不要(展覧会観覧料が必要)

■わいわいがやがやおしゃべり鑑賞会
日時:平成28年11月27日(日)、12月25日(日) 両日とも午後2時~午前3時まで
対象:中学生以下 ※参加無料・申し込み不要。付き添いの方1名は無料で入館。
内容:こどもたちを対象にした鑑賞会です。鑑賞資料をもとに、楽しくおしゃべりしながら作品鑑賞します。

ミュージアムショップ

★ミニ北海道物産展
本展覧会にちなんだ北海道のお菓子などを販売します。

★喫茶特別メニュー
十勝ホワイトコーヒーと、ナキウサギクッキーを提供します。

画像
〒722-0032 広島県尾道市西土堂町17-19(千光寺公園内)
TEL. 0848-23-2281
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30)
定休日  祝日以外の月曜日・展示替え期間および12月29日〜1月3日
     ※特別展の場合、変更があります。
画像
Copyright (c) Onomichi City Museum of Art. All Rights Reserved.
HOME ■サイトマップ ■プライバシーポリシー
画像